Change Makers’ College(チェンジメーカーズカレッジ)とは?

 

1,基礎コース

コミュニケーションやプロジェクトマネジメントなど「コト」を前進させる上で必要な考え方スキルを得ます。基礎コースは前半2ヶ月を通じ、9回の講座を行います。毎回の講座内容は一般的な理論からChange Makers’ Collegeアドバイザー陣による経験に基づいた考え方、ナレッジもあります。

一流の人たちの考え方にふれ、自分たちの中にある「思考」と「心」に一気にドライブをかけていきます。

2,実践コース

基礎コースで学んだことを即実践し、得た知識を自分が「使える力」へと昇華させていきます。実践コースは後半2ヶ月を通じ、ケーススタディや自分たちのMy Proに対するフィードバックなど、前半で得た知識をあらゆる角度から実践し、学び合う時間になります。基礎コースで得た知識は知恵となりCollegeが終わった後も残り続ける力となります。

3,My Pro

4ヶ月間を通じ取り組む、「自分らしい生き方・働き方」へのチャレンジです。そう聞くときらびやかなイメーシがあると思いますが、自分のやりたいことへ正直に、とにかく実行する4ヶ月間の自分というのプロジェクトです。やりたいことというのは「いつかできればいいや」や「今はまだ力がないから」という理由で先延ばしいしているものが多いのではないでしょうか?そういった、自分の中にあるものをプロジェクトとして立ち上げ、一歩でも理想とするライフスタイルに近づくことを目指します。コーディネーター陣による、週に1回のセッションを通じ、自己を見つめ、「実現できない」行動、思考のクセから「実現できる」行動、思考のクセへシフトしていきます。

1,入学式

Change Makers’ Collegeに入学した初日に待っているのは広田町での入学式。あなたの4ヶ月の決意を伝え、町のみなさんに町の一人として温かく迎えいれてもらう入学式がカレッジにはあります。「この町のために来るんじゃなくていいんだ、この町で精一杯頑張ることが、私たちにとっては意味のある何よりも嬉しいことなんだよ。」あなたの人生の挑戦を応援し、向き合ってくれる町の人たちとの出会いは、きっと4ヶ月を歩んで行く大きな原動力になります。

 

2,基礎コース

毎週木曜日に開講する「やりたいことを実現する」ためのナレッジとスキルを手に入れるカレッジ講座。主に学ぶのは「コミュニケーション」と「プロジェクトマネジメント」についてです。さらに隔週の週末は「実践」。学んだことをベースに実践知として手に入れていきます。「やりたいことの実現」=スキル実践ノウハウマインド。1ヶ月で15個以上のアクションプランを実行する圧倒的な実践の場がこの3つを自分の血肉に変え、“諦めない意志”をカレッジに集う仲間と共に育み合います。基本といえど、圧倒的な実践に裏打ちされた経験を通じ、自分の中の変化を感じることできるのが基礎コースです。

<アクションプランの一例>

町内初、地域の食材を使ったスイス料理イベント

町内でスポーツ観戦がしたい!
納屋を改修して「ASOBIBar」リノベーション

シーグラスを使ってクリスマスインテリア作り

3,実践コース

実践コースでは自分の4ヶ月後のGoalへ向けてMy Projectを立ち上げます。Basicコースで得たことを活かし”自分らしい生き方”へのチャレンジに向かっていくのです。このMy Projectの実施に向け、カレッジの開始の時点からBasicコースと同時に週に1回のコーディネーターとのセッションがあり、そこでの対話を通じ描いていたことを本格的に始動させて行くフェーズが実践コースになります。

カレッジはあえて”決められたゴール”を設定していません。4ヶ月後のゴールは各々違います。

「私は別にプロジェクトを立ち上げたいわけじゃない。」という人も、もちろんいていいのです。
カレッジ終了後に、新規事業を立ち上げる人もいれば、首都圏で就職する人、他の地域へ移住しチャレンジする人、陸前高田市内の企業に務める人、趣味の時間を生活の中に組み入れ大切にする人。
自分らしく生きるとは十人十色です。様々なゴールがあって然るべきだと思っています。そのためにCMCのアドバイザー陣は多様な人たちが揃っており、町の皆さんも様々なバックグランドを持った人たちが関わっているのがChange Makers’ Collegeです。ビジネスよりももっと多様な自己実現の機会がカレッジにはあります。

4,卒業式

 

Change Makers’ Collegeの最終日には卒業式があります。 Basicコース、実践コース共に様々な町の方との”つながり”を持ちながら4ヶ月を過ごしていきます。その過程にあったチャレンジ、自分の成長をお世話になった方々に向けて精一杯伝えるのが卒業式です。

さらに卒業式は、新しいスタートに向けて走り出す日でもあります。カレッジではあなたにとっての一歩を全力で後押ししてくれる可能性のある「人」を集います。例えばメディア関係者、行政の方、地域の方、事業者などそのカレッジメンバーに一番マッチする形でコーディネートします。感謝を伝えるだけでなく、”これから創り出したい未来”を全力で伝え、新しい一歩を掴み取る場を共に創り出していきます。

5,カレッジコミュニティ

Change Makers’ Collgeは4ヶ月が終わった後からが本当のスタートです。正解にしてきた選択を本当の意味で正解にし続けられるかがポイントになります。その時に一番大切だと思っているのは、「頑張ろうと思い続けられるコミュニティ」の存在です。

一人では立ち止まりそうになった時に、一緒に悩み、歩んでくれる仲間の存在が大きいのです。だからこそ4ヶ月間では「シェアハウス」に滞在してもらい、家族のように関われることを大切にしています。自分らしく生きるということを守ってくれるものは世の中にはあまりに少ないからこそ、新しいセーフティーネットの形としてのコミュニティをみなさんと一緒にカレッジで育てていきたいのです。

CMCの特徴

1.圧倒的自由

地域へ移住するプログラムだと現在は「地域おこし協力隊制度」を使用したものが多いですが、その分縛りも多いです。 CMCでは行政との連携もほぼないことから圧倒的な自由が約束されています。

2.留学後も手厚いサポート

当法人では地域に移住しているスタッフが9名、一般企業に就職しているスタッフが30名以上います。留学中はもちろん、もし移住したいという気持ちが芽生えたら、その後もずっとサポートします。

3.ローカルビジネス創出まで伴走

当法人では6年間で培ってきた「想い」を「形」にし、それを小さくても「ビジネス」として行う、下記に示すような形で「ローカルビジネス論」が確立しています。移住した後にビジネスとして行いたい方とは一緒に試行錯誤をしながら、資金調達やネットワーキングなどをサポートします。

CMCで身につく“本当に使えるチカラ”

4ヶ月間、実践を繰り返すことで「夢を実現する力=どこに住んでも、やりたいことで生きていける力」を身につけられます。

その力は以下の3つで構成されています。

1.創造するチカラ

田舎には「ないもの」がたくさんあります。それらを「想像」し、0から1を創り出す力が創造力です。創造力の中には、計画を立案し、新たな選択肢を自身の中に生み出し、行動し、形にしていく力全てが含まれます。

2.柔軟に生きるチカラ

創造力を発揮する上でも柔軟性はとても大切です。この町では都会で暮らしてきた時に培われた固定概念は通用しません。ある意味それは柔軟になれるということ。柔軟であるということは様々な経験や体験を自分の血肉にしていけます。

3.コミュニケーションのチカラ

一人でできることは少ないですが、誰かと一緒ならできることは格段にひろがります。CMCのプログラム中には、高齢者の住民だけでなく、地元の高校生や企業の社長、CMCの仲間や行政職員、市議会議員など多種多様で多世代の方々とコミュニケーションをとれます。創造力を補完していく力です。

どんな人が参加するの?

〜こんな人にオススメです〜

  • もっと自由に生きたい!
  • 次のキャリアは何かに挑戦してみたい!
  • もっと自分が活躍できる場所があると思っていて、そういう場所で活躍したい!
  • 転職を考えている!
  • 夢や将来のやりたいことを持っていて、これからチャレンジしたい!
  • 地域で仕事を創れる人になりたい!
  • もっと人の繋がりを大切に生きたい
  • いつのまにか忙殺されていた自分、もっとやりたいことに本気でチャレンジしたい!
  • 自分の環境を変えてみたい!

やりたいことの実現をサポートする3つの仕掛け

0円で移住チャレンジ

移住したあとはどうやって生きていけばいいの?でも、せっかくだし自由度はある方がいい。CMCでは地域らしい「働く」場所をご紹介します。 自分のやりたいことを実現する形にあった4ヶ月間を組み立てることができます。

共に歩む移住コーディネーター

地域での暮らしに馴染めるのか?という不安や、やりたいことができるのかという不安はコーディネーターが共に考え、行動してくれます。彼らと共に、地域でやりたいことをするノウハウを学び合い、地域の人たちと挑戦することで「夢を現実に変える力」身につけることができます。

シェアハウス

暮らす場所も準備万全。シェアハウスには一人一人の部屋が割り当てられ、一家につき、一台車も完備されています。さらに同じ想いを持った仲間たちが集い、移住留学後も「生きる」ことを支え合う仲間となっていきます。

Change Makers' College 創立への思い

3,11の後、スキルもない、経験もない、人脈もない、お金もない、そんなChange Makers' Collegeのコーディネーターたちは、「やりたい!」という想い一つで地域に飛び込み「0」から様々なコトを創り上げてきました。

今では3400人が住む陸前高田市広田町で、400人以上の町の皆さんと活動を共にし、50年間移住者がいなかった町に10名以上が移住し、岩手県の移住の表紙を飾るほどになりました。

さらに外から継続して活動に来る若者は140名を超え、年間100以上のアクションが実行されています。岩手県のさらに端の限界集落まっしぐらだった地域でワクワクする未来を垣間見ることができるようになってきているのです。

そんな私たちだからこそ”できる”方法で、地域へ移住するハードルを「0」にしたのが移住留学です。

地域に移住することを推し進めていきたいのではなく、自分の「やりたい!」という想いを実現するための手段として地域への移住を選んで欲しいのです。そんな自由を奪われない、自分らしく生き抜くためのキャンパスに私たちは可能性を感じています。

そして、挑戦する”怖さ”をこの町、ここに集う人たちは受け入れてくれます。

「まず、やってみたら?あなたが死なないように飯だけは食べさせてあげるから。」

そんなあったかい言葉をもらえる町です。

だからこそ、Change Makers' College(変化を作る学び舎)という言葉には、何度でも諦めず挑戦していく「心」という意味を込めました。

変化はそう簡単には起こせない。でも、何度でも挑戦することできっと変わる現実があるんです。勇気をだして飛び込んでしまえばきっと今までになかった「何か」が見えてきます。

そんな風に、諦めていたことを未来の希望に変えていける”諦めない意志”を育み合える学び舎としてChange Makers' Collgeは在り続けていきたいです。

あなたの挑戦を「正解」にする場所

無料”体験”留学へGo!