カレッジ卒業生インタビュー-廣瀬太陽-「人と生きること、想像力を持つことのお話」

Change Makers’ College卒業メンバーへのインタビュー企画!
第3期の太陽こと廣瀬太陽さんにインタビューさせていただきました!


– Change Makers’ Collegeはどんな想いで参加しようと思ったの?

自分がこれから何をやっていこうかなと言うことを見つけていくためにカレッジにきました。
大学卒業して、すぐに自分がやる仕事を決めること自体が変な感じがしました。

何個か就活のセミナーに行ったんだけど、そこで企業の人が「会社の利益になる人が欲しい」と言っていたんです。
それを聞いて、僕は大学に会社の利益になるためにいったわけじゃないのになと、違和感がありました。
大学には勉強したいから行ったわけで、4年間勉強したかったんです。
それに対して、就活に費やすのは単純に勿体無いなと思いました。

海外では、大学卒業してからすぐに就職するところなんて少ないですし、
仕事は大学を卒業してから、決めても遅くないなと思いました。

-4ヶ月に変化して、自分にとってどんな変化があった?

カレッジの4ヶ月での暮らしを通じて、仲間と何かすること、人と何かをすることが楽しいと言うことに気づきました。
もともと自然が好きだったので、暮らしの中で漁のお手伝いや田んぼのお手伝いなどを通じて
自分の好きな風景を守りたいと思いましたし、それは一人ではできないことなんだなと感じました。

仲間と一緒にやった、砂浜での美術館「浜風透る美術館」でも同じことを感じましたね。

カレッジでの暮らしの一つ一つを通じてみんなで社会を形作っていることの実感と、それが良いことなんだなと気づきました。

それと、世の中をよくしたいということを考えることができるし、対話することができる環境が僕はとても人間らしいなと思いました。他の人の頭の中にアクセスすることで、新しい知恵や景色の広がりを感じましたね。それは自分が見ることができる世界の広がりを感じることができました。

-Change Makers’ Collegeに参加する前はどんな人だったの?

もともと、あまり人と一緒に何かをすること自体が、好きではない人でした。

同じようなことを話し合える人が少なかったんですかね。
例えば、社会問題についてとか、世界で起こっていることとかを同年代の人はあまり話すことはなかった印象で、何を話して良いかわからなかったし、大学で勉強している中でも、同じ世代は大学に何をしに来ているのかわからなくてちょっとした絶望感を感じていた時期もありましたね。

-カレッジの中で一番印象的だったできごとはなに?

僕の中で意外と印象に残っている出来事は、シェアラーニング*1という授業で「木材」について話している時でした。(笑)
自分の中でも問題意識が深まったんです。

自分が今までなんとなく気になっていたものが本格的に気になり始めました。
ただの「木」ではなく、そこにはどんなストーリーがあって、どういったつながりの中で存在しているのか。
自分がしっかり「木」を見ることができるようになったなと感じています。

*1シェアラーニング…カレッジの授業の一つ、互いの考えていることをシェアして学ぶ授業

-これからどういう生き方をしていきたいの?

カレッジで学んだことの一つに「自分の感性に素直になる」ということを学びました。
例えば、僕で言えば自然が好きだとか、詩を書きたいとか。

社会のモノサシに合わせれば、社会人になったんだから定職につけとか。
本当の意味で社会を担える人になりたい。

ただ、会社に勤めて一定の給料をもらって、それが社会に貢献していることなのかなと思う。
本当に社会のためになると思えて働けていたり、
自分以外の他者に想像力を向けられたり、そういうことが本当の社会人なのかなと思います。
僕はそんな風形で自分のできることで社会を担える生き方をしていきたいですね。


*畑をやっている太陽の写真


-太陽にとって豊かさってなに?

社会が良くなることや、世の中が平和になることですね。
僕の好きな言葉に「人の世に熱あれ、人間(じんかん)に光あれ」と言う言葉があります。

人の世の中に熱あれは、その通りの意味だと思うんですけど
人間に光あれというのは、人と人の間の関係に光があること。と言う意味です。
僕が思うのはそれは、他者に対しての想像力が及ぶのかということだと思います。

まずは、自分が生きているとか生まれたとか環境を受け入れると言うことが第一だと思うんですよね。
でも今の世の中はそこで終わってしまっている人が多い感じがします。

僕が思うのはそこで終わらないで、自分置かれている環境そうなんだけど、そうじゃなかったかもしれないということ(誰かの境遇や体験)に想像力を持てることが大切だと思っています。
そういう想像力が豊かさなんだろうなと思います。

– Change Makers’ Collegeを一言であらわすとどう?

難しいですね〜笑
まぁさっきも言ったけど「想像力」ですかね?結構ぶっ飛んだ感じの。

例えるとジョンレノンのイマジンみたいな感じです。
大きな想像力を持って、世界や人と向き合うとどんな自分になるか本当に楽しみになります。
だから、自分に起こるかもしれない変化を楽しめる場所ですかね。

Facebook Comments
コメントは利用できません。