運営団体について

NPO法人SET

私たちSETについて

特定非営利活動法人SETは、岩手県陸前高田市広田町を拠点に、町の方とともに「まちづくり」と「ひとづくり」に取り組んでいる団体です。2011 年に発生した東日本大震災をきっかけに設立され、復興支援活動の過程で縁あって広田町に出会いました。その後現在に至るまで、町に根付いて継続的な活動を続けています。 広田町は、人口2995人(令和2年3月31日現在)の漁師町。人、自然、食、伝統、文化など様々な魅力であふれています。その一方で、課題先進地域でもあります。もともと震災前より存在していた少子高齢化や人口減少の問題が、被災により加速したのです。 しかし私たちは、広田町も直面している人口減少をネガティブには捉えていません。人口が減ることは、一人ひとりの存在価値や影響度が高まり、「できること」が増えていくことでもあるからです。 こうした背景を踏まえSETが取り組んでいるのは、「人口が減るからこそ豊かになるひとづくり・まちづくり・社会づくり」です。一人ひとりが自分の可能性に出会い、個人もコミュニティも持続的な「まち」の仕組みづくりを行います。 私たちはこうした領域で、広田町から日本のためにチャレンジをし続けていきます。震災から10年が経過し、これまでの経験を活かしてこれからはさらに陸前高田市全域、岩手県各地、日本全域で活動を展開していきます。そして、それが次の世代に引き継がれ今だけでなく、未来も持続可能で豊かな「社会づくり」を目指しています。

沿革

NPO法人SETのこれまで

現在 広田町、陸前高田市全域、岩手県各地で活動中
2021年 葛巻町でChange Maker Study Program事業を開始
2020年 新型コロナウイルス発生でサポーター制度を開始 岩手県で中高生向けキャリア教育事業を開始
2013年6月18日 任意団体から『特定非営利活動法人 SET』へ
2011年3月13日 被災地支援のため『任意団体 SET』設立
2011年3月11日 東日本大震災

Mission

一人一人の「やりたい」を「できた」に変え、 日本の未来に対して「Good」な「Change」が起こっている社会を作る

Vision

人口が減るからこそ豊かになるひとづくり、まちづくり、社会作り