2020年!明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!新年のご挨拶を申し上げます。
Change Makers’ Collegeの岡田です。

2019年デンマークとの交流プログラムをスタートし、デンマーク発祥の学校「フォルケホイスコーレ」の一つであるノーフュンスホイスコーレ と連携し、世界との繋がりも持ちながら運営できる基盤ができ、楽しそうなワクワクする、2020年がやってきそうです!

今日は改めて僕らがなぜこのような活動をしているのか。
自分たちへのメッセージという意味も込めて新しい年のはじめに残しておきたいと思います。

私たちがこのような取り組みをする理由は2つあります。
1つ目は「豊かに生きる」その選択の幅を広げていきたいからです。

2011年3月11日に起きた東日本大震災を通じて「人はいつ死ぬかわからない」ということを痛感しました。
「じゃあ、自分らしく生きよう」と決めてみても現実と理想の間で自分たちが持っている価値観と一般的に定義される常識の間で、「どう生きるのか?」について向き合うことが多かったです。



震災以後に新たな考え方・価値観が芽生え始めました。しかし、現実には選択肢は多いように思えて、選択肢を選ぶ価値観は少ないのが今の現状です。そんな変化の時代を私たちは生きています。
だからこそ、自分が納得できる生き方を創るために自分で生き方を考え、創ることができる時間と場所が必要だと思いました。そして、これまでの広田町での活動で、その余白さえあれば私たちはぐっと未来を手繰り寄せることができること知りました。

2つ目は持続可能なライフスタイルを創り出していきたいからです。
人生100年時代と言われる今日。一方で、私たちのライフスタイルは限界にきています。
ライフスタイルとは、どこで生きて、何をして、誰と過ごして、何を食べて、どんな教育を選んで、どんなものを使って生きていくのか?という私たちの根本的なあり方です。

WWFの報告では20年たらずで私たちの生活が維持できなくなるという指標も立っています。
今、当たり前にしている生活がある日突然できなくなる。そんな時代がすぐそこまでやってきています。
テクノロジーの発展があると言われる一方で、私たちはそれを駆使しても75億人が住む地球を持続させる方法をあまりよく知りません。

 だからこそ私たちは次の時代の新しいライフスタイル作りを模索し、創り出していくことが大切だと考えています。

働くことや稼ぐことが重要視されています。しかし元をたどれば、どのように生き、暮らすのか?仕事はその要素の一つでしかなかったはずです。今一度根本的なライフスタイル作りを学び合うことが必要だと考えています。「一人一人の豊かさ・幸せ」では難しい時代。「私もみんなも豊かで幸せ」になるライフスタイルを学びあい、見つけていく。そんな学び舎を創っていきたいです。



自分の足元から広がって
世界の色々な人たちと本当に未来にとって良いワクワクするアクションを起こしていきたいと思います!

「Small is Beautiful」

本年もよろしくお願いします!


コーディネーター 岡田

Facebook Comments
コメントは利用できません。